0秒で動け 著者:伊藤 羊一

0秒で動け

著者:伊藤羊一

ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア学長。

株式会社ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒。グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了。1990年に日本興業銀行入行、企業金融、事業再生支援などに従事。2003年プラス株式会社に転じ、事業部門であるジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、事業再編などを担当した後、2011年より執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。

かつてソフトバンクアカデミア(孫正義氏の後継者を見出し、育てる学校)に所属。孫正義氏へプレゼンし続け、国内CEOコースで年間1位の成績を修めた経験を持つ。

2015年4月にヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ科目の教壇に立つほか、多くの大手企業やスタートアップ育成プログラムでメンター、アドバイザーを務める。

0秒で動け  考える前に結論は出ている​

動くために理由を​必要とする人​
考えすぎてしまいなかなか動けない人​
経営者をはじめとするマネージャー

→行動力を上げるためにすぐ実行できること​
❶ベータ版を出すこと​
❷人間関係を深めること​ ​

行動力を上げるためにすぐできること

❶ベータ版を出す

行動力のない人
「完璧にしないと!」 期限ぎりぎりに 資料を集め・調査​

行動力のある人→ベータ版を出す

ざっとした骨組みを作る

上司に確認を取る

簡単なレポートを作成し、再度上司に確認

行動力を上げるためにすぐできること​

❷人間関係を深める
たいていの場合仕事は同僚や上司、部下はもちろん、
場合によっては顧客や取引先等と一緒に動かなければならないこともある
→人間関係が重要になる​

コミュニケーション​
1.ハレ(非日常)のコミュニケーション→瞬発的でロジカルなコミュニケーション(会議など)​
2.ケ(日常)のコミュニケーション→会議室等以外で日常的におこなうコミュニケーション​

ケのコミュニケーションを日常で鍛える
ハレのコミュニケーションも円滑におこなうことができる
0秒で動ける下地が整う

行動力の仕組み

行動力→三層構造

マインド    動く力や理由となる​
スキル     動くための能力
アクション   実際の行動

↑サイクル

仮説力 サイクルを身に着けるために、仮説力が重要
仮説力…あらかじめ仮説を立て、そこから導き出される結論に向けて行動する力

例) 寒い
→ 夜はもっと寒いだろう

↓直感

羽織りものを​用意しよう!​

直感を鍛えるために必要な要素は四つ​
体験…❶、妄想…❷、好奇心…❸、志…❹​ ​

直感を鍛えるために必要な要素

❶体験
どういうときにどういった結果になるか、​
どんな展開がありえるか、​
事実から導き出すことができる​

※大事なのは成功した経験ばかりではなく、
むしろ、失敗や後悔をした経験のほうが多くを学んでいる場合もある​

❷想像
どんなときも「もし自分だったら今どうするか」を​妄想することで、
結論までの仮説を立てる癖がつくようになる​

直感を鍛えるために必要な要素

❸好奇心 →妄想の発展系​
新たな選択肢をめぐらせる

「自分だったらどうするか」​
「もしもこうした場合はどうなるだろうか」

→ 立てられる仮説に幅がぐんと広がる​

直感を鍛えるために必要な要素​

❹志
志は価値観と軸からできている→自分が行動する理由そのもの

★価値観​
「自分はなにが好きか」「なにが嫌いか」「なにが大事か」など、​
自身の素直な気持ちに注目すればなんとなく見えてくる

★軸
軸とは簡単にいえば自分にとって譲れない
意思決定をするときに判断基準となる部分
仮説力はその軸が示す方向へ向く​

その軸を知るためには、
過去を振り返ることと現在の価値観を知ることが重要​

軸を知るためのアプローチ(過去を振り返る)

ライフラインチャートを書く​
生まれてから今までのモチベーションの​上がり下がりをグラフにあらわす

・これまでの人生で自分にとって重要だった出来事や分岐点が見えてくる
​・そのときにどう感じたのかを思い起こすことで、
自分はどんなときに​ モチベーションが上がったり下がったりするのかが見えてくる​

軸を知るためのアプローチ(価値観を知る)

内面と対話する​
問いかけ、答えるという対話形式をとることで​思いが言語化するから、
言語にすると、把握しやすくなる

軸の仮置き(なかなか自分の軸がはっきりしない場合)​

…尊敬する一人の人を自分の軸のかわりにする
尊敬できるその人と自分の軸は、根本的なところでは似ている​

尊敬→尊敬する人を 軸として仮置きする​

※結論に納得がいかないときは、どこがしっくりこないのか、どうであれば納得できるのかを考え、
適宜軌道修正していくことで、その軸はいつしか自分自身のものとして確立するようになる​

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です