PLAY WORK(プレイ・ワーク) 著者:ピョートル・フェリクス・グジバチ

PLAY WORK(プレイ・ワーク)

仕事の生産性がグングン高まる「遊びながら働く」方法

お気に入りに登録

PLAY WORK(プレイ・ワーク)

著者:ピョートル・フェリクス・グジバチ(Piotr Feliks Grzywacz)

プロノイア・グループ株式会社代表取締役/モティファイ株式会社取締役チーフサイエンティスト。プロノイア・グループにて、企業がイノベーションを起こすための組織文化の変革コンサルティングを行い、その知見・メソッドをモティファイにてテクノロジー化。2社の経営を通じ、変革コンサルティングをAIに置き換える挑戦をする。

ポーランド生まれ。2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て2011年にGoogleに入社。アジア・パシフィック地域におけるピープル・ディベロップメント(人材開発)に携わったのち、2014年からはグローバル・ラーニング・ストラテジー(グローバル人材の育成戦略)の作成に携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発の分野で活躍。2015年に独立し現職。

著書に『NEW ELITE』(大和書房)、『世界最高のチーム』(朝日新聞出版)、『人生が変わるメンタルタフネス』(廣済堂出版)などがある。

PLAYWORK

=「遊ぶように働く」

遊ぶように働くとは、楽しんで仕事をすること
仕事から満足感や達成感、幸福感を得ること
⇒仕事の生産性がグングン高まる!

PLAY WORKとは?

◎仕事を楽しむものとして考える

◎楽しめるかどうかは自分次第

◎仕事で自分のやりたいことを実現できる

PLAY WORKの実現に必要な 4 ステップ

①自己認識

②自己開示

③自己表現

④自己実現

PLAY WORKの実現に必要な 4 ステップ

①自分がやりたいことを認識

②やりたいことを周囲にアピール

③やりたい仕事で価値を生む

④自分にしかできないことを実現

①自己認識

・自分のやりたいことを知る

「あなたは何者か」という問いに
「自分はどんな人間か 」「何がしたいか 」
を自分の言葉 で答えられること

答えられない人=自己認識ができていない
       ↓
会社や上司に言われたことをこなす仕事

自信をもって答えられる人=自己認識ができている
       ↓
得意なこと、興味あることやりたいことを主張
仕事を楽しめる

・固定観念から離れて見つめ直す

「仕事とは楽しくないもの」
「嫌なことを我慢してやるもの」
という固定観念にとらわれず自分を見つめなおすこと

組織から期待される役割 = 自分がやりたいこと
→自己認識ができない

職場や人間関係を忘れて
純粋に好きなこと や 関心があることについて考えてみる!

・ 「楽しい仕事」を増やす

自分のやりたいことを自覚し、やりたいことに夢中に取り組む
→楽しく仕事ができるようになる

(実践例)
・自己認識のトレーニング
→以前興味があったことや夢などを思い出す

・一週間の仕事を振り返って楽しかった仕事に順位をつける
→やりがいを感じた仕事は何か
 誰と仕事をした時に気分が盛り上がったか

・チームの仕事では仕事を割り振る
→得意なことや興味があることに応じて仕事を分担する

◎自己開示

・自分と周囲の期待をすり合わせる

自分のやりたいことを周囲に伝えておくことで上司や同僚は期待すべきことがわかる

期待できること    =   やりたい仕事
割り振るべき仕事       興味があること

自分の希望にかなった仕事を任せてもらえる!

・「当事者意識」の醸成

各自が主体的に仕事に取り組み
夢中になることで仕事が楽しくなり
仕事の価値も高まっていく

・フィードバックで人生を変える

やりたいことを自己開示!

向いていると思うことや新たな考え方をフィードバック!

自分の強みを再確認
→より深い自己認識

質の高い自己開示 !

◎肯定的なフィードバック はコンプレックスさえも強みに変える
→コンプレックスも自己開示することが大事

・共感の輪を広げる

自己認識と自己開示の好サイクル
       ↓
自分のやりたいことや価値観に共感してくれる人が集まってくる
価値観を共有できる人とは楽しく仕事ができる

積極的な自己開示によって「この人と仕事がしたい」と思える相手と
出会うことができ仕事がだんだん楽しくなっていく

①自己表現

・価値を提供する

指示を待つのではなく自己認識に基づいて自ら働き
主体的に社会と関わりながら自分の存在価値をアピールする

               自分がしたいこと
行動の結果相手が喜ぶ   ← 社会にもたらしたいこと
                に基づいて行動

価値 = 報酬

自己認識に基づいた仕事の価値 に応じた報酬 を受け取る
本来の仕事の在り方

・「学びほぐし」をする

固定観念や成功体験など今まで学んで身に付けてきたことを
一度バラバラにほぐしてしまう

固定観念や成功体験に縛られていると新しいアイデアは生まれないし
新たな挑戦もできない
      ↓
変化や成長が妨げられる
考え方が枠にはまってしまい自分の殻を破れない

固定観念から解き放たれるには様々な人と出会い
様々な世界に触れることが最も効率的

×仕事はこうあるべき
      ↓
〇仕事は楽しむもの

・クリエイティブ・カオスをつくる

クリエイティブ・カオスとは新たな価値を生み出すために
あえてつくる混乱した状態
      ↓
人は混乱から抜け出すために知恵を使い工夫を凝らす

有効な方法① いたずらを仕掛ける
有効な方法② 多様性 を導入する

様々な価値観や考え方をもつ人々で議論
      ↓
気づきが生まれ新たな価値が生み出される

①自己実現

・自分にしかできないことをする

「自己実現」とは自己認識、自己開示、自己表現のプロセスを経て

自分にしかできないことを実現すること

仕事だけでなく子育てやボランティア、地域活動などで
世の中に価値をもたらし自己実現するのもよい

・自分の役割は自分で決める

自分で見つけ出した課題に対して自分で解決方法を考え
自分で成し遂げることによって誰かに価値を提供し、報酬を得る

自分のやりたい仕事をしながら会社に利益に貢献する

・自分の仕事を楽しくする

仕事を楽しめるかは自分次第

自分にしかできない仕事をすることによって満足感や達成感を得られ、
他の人にとっても価値ある仕事になる

仕事を楽しめるようになると
遊んでいるかのように時間を忘れて仕事に熱中できるようになる
=フロー状態

作業の生産性
3倍 以上!

PLAYWORK

遊ぶように働くには、自分の考え方を変えることが必要

社員全員の意識を変えるには経営者や管理職から意識変革しなければならない

まずは自分 に意識を向けることがPLAYWORK を実現する 第1歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です