最強のアンチエイジング 著者:米井嘉一

最強のアンチエイジング

<著者紹介>

米井嘉一 (よねい よしかず)

同志社大学生命医科学部・アンチエイジングリサーチセンター教授。 1958年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了後、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学。 89 年に帰国し、日本鋼管病院 川崎市 内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。 2005 年、日本初の抗加齢医学の研究講座、同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンター教授に就任。 08 年から同大学大学院生命医科学研究科教授を兼任。日本抗加齢医学会理事。医師として患者さんに「歳ですから仕方がないですね」という言葉を口にしたくない、という思いから、老化のメカニズムとその診断・治療法の研究を始める。現在は抗加齢医学研究の第一人者として、研究活動に従事しながら、研究成果を世界に発信している。最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

「体にいい」とメディアで紹介されれば、
爆発的に売れる。やっと手に入れた。
しかし、あっという間に飽きてしまう。。。

こんな経験ないですか?

そんな流行ではなく、本書では継続してほしい健康法について書かれているので是非たくさんの人に読んでいただきたい。

本書では、老化のメカニズムからアンチエイジングのノウハウまで理解することができ、体に良いものを摂り、体に悪い習慣を排除していこうと考えさせられる著書であります。

老化には2 種類が存在する。

・老化には 2 種類あり病気ともとらえられる。

  1.  1 年ごとに積み重ねられる正常な老化。

  2. 病的な要因が加わった老化。
   (食べ過ぎ、飲みすぎ、タバコ、運動不足によるメタボや高血圧)

・これらの 2 つが存在し、それらを治療予防することにより「病気」を直し、「若さ」を取り戻すことができる。

糖化ストレスによる影響

•糖化とは何か?
過剰に摂取した糖分が体内にあるたんぱく質と結びつき、糖化したたんぱく質が体内に蓄積することを指す。
これを著者は「体内がコゲる」と表現している。

•糖化ストレスの仕組みは十分にわかっておらずアンチエイジングに対する最大の敵であり続けている。

「AGEs」とは何か?

糖化したたんぱく質は「AGES」という最終生成物を生み出し老化を加速させる。

血糖値が高い人だけでなく中性脂肪が多い人も「AGES」が多いことがわかってきた。

糖化ストレスが影響するあらゆる病気

•糖化ストレスは、目、肌、骨、関節をはじめ様々な老化の原因となっている。

•主な病気 白内障、加齢黄斑変性症、骨粗鬆症等

糖化たんぱく質を増やさないために

人間には糖化たんぱく質を蓄積させるばかりではなく、分解する機能もある。しかしあまりに多くなりすぎると、分解が追いつかず蓄積してしまう。

大切なことは、早期に糖化ストレスを是正したり、その因子を早く見つけていくことだ。

食べ方で老化を止める

GI値    ごはん:パスタ = 高い:低い

GI値を減らしていく ごはん(高) + 味噌汁(低) + サラダ(低) =  全体的に減少

理想
たんぱく質:脂質:炭水化物 = 2:2:6

その時の最善策を

一日一食健康法はどうなのか?

•結論  一時的な体重減少には効果的だが、「糖化ストレス」にはマイナス。

•原因  長時間空腹でいることにより血糖値スパイクを起こしやすくなる。

•また、食事の回数を増やすことや夜遅くの夕食についてもおすすめはできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です